WESTRIDE ENGINEERBOOTS

こんばんわ。

 

11月も中旬になり、北海道は少しずつ雪が降り始め本格的な冬に入りますが、

雪で路面がウエットになったり、靴が濡れてきてしまうので、そろそろ冬靴の準備に入る時期かと思います。

今日は、そんな時期にもピッタリなエンジニアブーツを改めて紹介したいと思います!

 

WESTRIDE ALL WEATHER ENGINEER BOOTS

その名の通り、いかなる天候にも対応できる優れた防水性を持つエンジニアブーツです。

どちらのモデルも 防水性で知られる「3MのSCOTCH GUARD樹脂」漬けにしたステアハイドを使用し、

ソールからの浸水を防ぐ為にEVAミッドソールを採用しています。

 

2種類のブーツで大きく違うのはソールの部分です。

ノーマルモデルにはアスファルトに対し抜群のグリップ力を持つビブラムソール♯700を使用し、

2021年モデルには履き心地の良さと衝撃吸収性に特化したビブラムソール#2021を使用しています。

 

バイクのステップが大きい場合はノーマルタイプのブーツだとかかとが引っかかってしまう為、かかと無しの方が良いとされていますが、

どっちにしようか考えている方は、かかとのある靴と無い靴でステップに足を乗せた時にどんな感じになるかイメージして頂くのが良いと思います!

 

さらに、このブーツのすごいところは、ソールの張替えが可能なところです。

その為、ソールが擦り減っても張り替えればさらに長く履き続けることができ、雪道を歩く地域にお住まいの方はソールを冬靴仕様に変えて履いて頂くことも出来ます!

ソールの種類によっては張替え出来ない場合もございますので、ご希望のソールが有る方はお近くの靴を修理してくれるお店にブーツを持っていってご相談下さい。

 

また、履きこんでいくうちに革が伸びて、使用者の足の形にフィットしていきます。

同じサイズの靴と履きこんだブーツを並べてみると違いが分かります。

 

新しいブーツを買うとどうしても汚さないように履こうと思ってしまいますが、使っているうちに出来るシワや、

バイクのギアチェンジをする時にできるキズも全部味になります。これこそバイク乗りの証です。

 

非常に高い防水性をもつエンジニアブーツでありながらとても軽量なので、バイクのライディングギアとしてだけでなく、普段履きにも最適です。

店舗にて試し履きも可能となっておりますので、一度軽さと履きやすさをお確かめ下さい。

ショップサイトから詳しい商品説明を見ることが出来ます!

商品ページは こちらから

ご注文お待ちしております!

 

それでは、スターモーターサイクル 桃でした!!