WESTRIDE ROUGH RIDER ENGINEER BOOTS 2021

こんばんわ。

 

今週の日曜日あたりから旭川は雪が降り始める予報となっておりますので、

防寒対策などして冬に備えていきましょう!

 

本日は、以前ブログで紹介したブーツ

WESTRIDE ENGINEERBOOTS

と、違う素材にはなりますが、エンジニアブーツをもう1種類改めて紹介したいと思います。

 

WESTRIDE ROUGH RIDER ENGINEER BOOTS 2021

ラフアウトとは「革の裏の部分を起毛させた鞣した革」の事を指します

スエードよりも毛が長く、

あえて毛の長さを均等にしないことで、エンジニアブーツにふさわしいワイルドな印象を与えます。

 

ミッドソールに、レザーを使用しております。ソールの張替えを行うブーツによく利用されています。

ブーツは長く履いているとアッパー(靴底から上の靴の部位)とソールの縫い目に負荷がかかり、アッパー部分が痛んでくるのですが、間にミッドソールがある事で、そのダメージを軽減しているのです。

また、こちらのブーツもソールの張替えが可能となっておりますので、ソール張替え時期が来たら

定番ですが、岩場やゴツゴツとした路面でのグリップに優れ、対摩擦性も高いビブラムソール♯100に張り替えるのもよいかと思います。

 

履きこんだものと比べてみました。

履き続けた後に出来るシワや、ラフアウトレザー特有の表面の毛羽立ちがいい味になっています。

前回紹介したエンジニアブーツよりも汚れが目立つので、クラッチ操作の時の汚れなどが気になる方は都度綺麗にしてあげるのもよし、

そのまま味として残しておくもよし。

ラフアウトレザーは防水性が無いので、起毛用の防水スプレーを買ってかけてあげてください。

 

扱いの難しいレザーですので、自分なりにメンテナンス方法などまとめてみました。

ご参考までに見ていただけますと幸いです。

ブーツのメンテナンスについて

 

これで少しでもレザー製品に興味を持ってお手に取って頂ける事を願います!

店内にて試し履きも可能ですので、お気軽にお声がけ下さい。

 

通販でも購入可能ですので、ご注文お待ちしております!

こちらから

 

それでは、スターモーターサイクル 桃でした!!